​今月のみことば(2021年6月~)

​​6月の聖書のみことば

神は われらの避け所 また力。

苦しむとき そこにある強き助け。

それゆえ われらは恐れない。

​たとえ地が変わり

山々が揺れ 海のただ中に移るとも。

詩篇46篇1・2節

山も海も人も、すべては神様の御手の中にあります。そして、イエス様は、ご自分に信頼する者をいつも最善へと導いてくださると約束しておられます。

それらを思い出すと、どんな困難や変化の中でも、平安が心に与えられるのです。

​​7月の聖書のみことば

​主は生きておられる。

ほむべきかな わが岩。

​あがむべきかな わが救いの神。

詩篇18篇46節

イエス・キリスト様は生きておられます。

ですから…

このお方に人生すべてをおまかせすることができます。このお方に歩むべき道をたずねる時、答えてくださいます。このお方に逆境をチャンスに変える力があります。

​このお方に…

​​8月の聖書のみことば

わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。

ヨハネの福音書14章18節

 孤独は、過度の飲酒よりも寿命を縮めるそうです。​しかし、あなたを絶対に孤独にしないと保証できるものはあるでしょうか?

 十字架でいのちを捨ててくださるほどあなたを愛しているイエス様が、あなたを独りにはしないと、約束してくださるのです。

 あなたもイエス様のもとに来ませんか?

​​9月の聖書のみことば

わたしは、世の光です。

​わたしに従う者は、決して闇の中を歩むことがなく、

いのちの光を持ちます。

ヨハネの福音書12章8節

 「一寸先は闇」と言いますが、一寸先どころかまったくの暗闇のなかにいる、というのが聖書を通して見た私たちの姿。

   私たちはどこから来て、どこへ向かうのか?そこのところを、うやむやのままにして生きるのは、果たして賢明な生き方でしょうか?

​   一度、イエス・キリストのことばに耳を傾けてみませんか?